社員紹介


・入社年  : 2019年            
・出身地  : 大阪府            
・出身大学 : 京都女子大学         
・趣味   : 読書・作文・日舞・茶道・写真等
・特技   : 頭髪のセルフカット(失敗あり)



今の仕事はどんな内容?


イメージリンクでは様々な障害をお持ちの利用者様が就職や社会参加に向けて日々取り組まれています。
スキルアップに励まれる方や就職活動をなさる方、ご自身の障害とどのように付き合い社会に参画なさるかを模索されている方など、その内容は様々です。
私の仕事はそんな利用者様と共に悩み、共に奮闘することです。

まだまだ、自分では判断しかねることや対応に悩むこともたくさんありますが、上司の指南を受けながら同僚と意見を交わし合い、
利用者様の前進に寄与できるよう勉強させていただく毎日を過ごしています。


一番楽しかった&つらかった仕事は?


毎日の仕事がとても楽しいです。
利用者様とイベントを楽しむ日もあれば、深刻な問題を解決すべく話をしなければならないときもありますが、
その一つ一つは途切れることなく一続きです。苦しい時期の利用者様と対峙することは時にとても辛いことですが、
それを乗り越えて笑顔を見せてくださる時はとても嬉しく、その方の人生に携わることができているという実感を持つことができます。


イメージリンクを選んだ理由は?


ICTと障害者就労支援を融合させているという先進的な事業形態に魅力を感じたためです。


木村さんのガクチカ(学生時代に一番力を入れたこと)は?


大学での研究とアカデミックスキルの修得です。
精神医学の分野で記述統計学的な研究手法を学び、社会精神医学・宗教社会学・哲学の領域における研究を行いました。


仕事で役立っている学生時代の経験は?


中学高校時代の学内行事運営や委員会運営です。
特に、高校三年のとき体育祭で応援団長を務めたことは良い経験となりました。

400人以上の学年全員に出し物の役割をあてがい、練習を進める実施する必要があったため
参加意欲のない人や部活動で忙しい人にも時間を割いて参加してもらうにはどのようにすればよいかと当時はずいぶん悩みました。
しかし、自分の気持ちを押し付けることなく相手の立場に立ってうまく誘導していくこと
、参加すること自体に楽しさを感じてもらえるように環境を整える事が重要であると気づき、良い作品を作ることが叶いました。

このような人との接し方、物事の進め方は現在役立っています。


就活前にやっておいた方がいいことは?


人生をどのように歩みたいかという大きな問題について熟考し、
その手がかりとなりそうな仕事を見つけようとしてみることだと思います。


社会人になって一番変化したことは?


知識欲のために学ぶことよりも、役に立つことを学ぶことの方が多くなりました。


イメージリンクの雰囲気を一言で表すとしたら?


「賑やか」!